Shioika Blog

PCやカメラ、写真、機械いじりについての記録。

グラボのファンを無理やり交換する

f:id:Shoika:20210228213520j:plain

 

ZOTACのGTX960搭載のグラフィックボードを使っているのですが、ついにファンが寿命のようでものすごい異音がするようになりました(笑)。

振動するようなブーッという爆音がケースを貫通してくるのでとても耐えられません。

そこで、余っていたファンに無理やり交換することにしました。

 

f:id:Shoika:20210228213759j:plain

分解しました

↑外装を取ってファンの点検をしたところ、両方がダメになっていることが判明。

動いているときにケース内を覗いたときは一つは止まっていてもう一つは元気に回っていたんですがね・・。手で回すと引っ掛かりがあるようですぐに止まってしまいました。これではダメですね。

 

f:id:Shoika:20210228214206j:plain

アリエクスプレスで売ってました

↑交換用のファンはアリエクスプレスで約二千円で売ってました。

ただ、中古(五千円)で買ったグラボに付けるファンが二千円ってのがかなり高く思えてしまって購入を決意できず・・。

そこで、手持ちのファンをなんとか取り付けてしばらくはそれで様子を見ることにしました。

 

f:id:Shoika:20210228214739j:plain

こちらを取り付けます(笑)。

↑写真を撮り忘れたので拾ってきた画像ですが、こちらのファンを付けました。

そう、インテルのCPUクーラーのファンです(笑)。

端子が4ピンで小さめのやつという条件にうまく当てはまったのがコレでした。

ちょうど固定ピンを部品どりした余りがあったのでよかったです。

 

f:id:Shoika:20210228215152j:plain

変換ケーブルは自作

↑故障したファンから取ったケーブルとファン端子で変換ケーブルを作りました。

運よく同じ色どうしを接続するだけで動作しました。よかった!

 

f:id:Shoika:20210228215142j:plain

万能補修材・針金

↑もちろんネジ位置は合わないので細い針金でヒートシンクに固定しました。

ちょっとした隙間が空いていてよかったです。意外とがっちり固定できてます。

 

f:id:Shoika:20210228215726j:plain

完・・成・・?

↑最終的にこんな感じになりました。違和感しかないですね(笑)。

ヒートシンク全体をカバーできていませんが、発熱が少なめのモデルなので大丈夫でしょう。たぶん。

あと、ファンのおかげで部分的に3.5スロット厚になりました。デカいです(笑)。

 

f:id:Shoika:20210228220438j:plain

ベンチマークソフトで簡単にテストしました(なぜか最高記録に)

パソコンに取り付けて、温度の調査です。

CINEBENCH R15というソフトで数十秒間軽めの負荷をかけて温度の上がり方を見たところ、測定開始前で約25℃、測定中はMAXで38℃くらいになりました。

しょぼいファンでも思ったより冷えている印象です。

だいたい30℃前後で安定しているので、しばらくは大丈夫そうです。

 

今日の記事は以上となります。

一応冷えている感じもしますが、心配なのと見た目の問題でいずれは正規のファンに交換しようと考えています。

それまでは負荷をかけすぎないように気を付けて使っていきます。

今日もご覧いただきありがとうございました。また次回!

電気工事! 蛍光灯の取り付けと配線やってみた

物置小屋に蛍光灯を取り付けてくれ、と父から頼まれていたのでやってみました。

スイッチとコンセントの取り付けと配線も同時に行います。

 

f:id:Shoika:20210227204650j:plain

道具など

一応ですが、電気工事を行うには電気工事士の資格が必要ですのでご注意ください。

写せないですが、私は第二種電気工事士免許を持っております。無免許じゃないですよ(笑)。

 

f:id:Shoika:20210227205905j:plain

スイッチとコンセントに配線します

上の写真はスイッチとコンセントを枠に固定し、配線した様子です。

上のスイッチで蛍光灯のON/OFFを行います。コンセントには当たり前ですが常に電気が行くように配線しないといけません。ここで繋ぐ線を間違え、スイッチオフでコンセントもオフになるという恐ろしい配線をしたのは内緒です(後で直しました)。

 

f:id:Shoika:20210227210543j:plain

カバーをしてここは完成

↑枠を固定し、カバーをすればスイッチ部分は完成です。

新品なので白がとても輝いていました。ピカピカです。

 

f:id:Shoika:20210227210803j:plain

ジョイントボックスでの配線です

↑続いて配線が分岐するジョイントボックス内の配線を行いました。

手前に来ているケーブルが蛍光灯へとつながります。

 

f:id:Shoika:20210227211412j:plain

蛍光灯に接続します

↑蛍光灯は天井から針金で吊るす形で取り付けました。

ずっとしまっておいた20年近く前の物らしいですがめちゃキレイです。

今日は仮に落としてもいいようにカシオのEX-G1というデジカメを使いましたが、画角が狭いので長い蛍光灯が入りきりません(笑)。

 

 

f:id:Shoika:20210227212105j:plain

無事に点灯!

電源をもらうために屋内の配線と接続し、緊張しながらスイッチを入れてみます。

すると、無事に点灯してくれました!

こんな蛍光灯1本でもかなり明るいものですね。夕方など、暗くなってもこれで大丈夫です。

 

今日の記事は以上となります。

日が入りにくいところにあるため、暗いことが多かったのですがこれで夜でも安全に歩けるようになりました。

4時間ほどかかりましたが、無事に作業を終わらせることができて良かったです!

ここまでご覧いただきありがとうございました。また次回!